【葬式・葬儀】友人葬とは?意味や流れ、マナーや注意点を解説します

葬儀の場面においては、聞きなれないさまざまな単語が出されることになります。

「友人葬」もまた、そんな単語のうちの一つでしょう。

本記事では、この「友人葬」について解説していきます。

友人葬とは?意味や読み方を解説

友人葬とは?意味や読み方を解説

まず、「友人葬(ゆうじんそう)とは何か」を考えていきます。

友人葬には、大きく分けて2つの意味があります。

1つは、「宗教者(僧侶など)を呼ばずに行う葬儀」というものです。

この場合は、「無宗教葬儀」としての性格も持ち得ます。

加えて、友人や親族、知人などの、故人が親しく付き合っていた人によって送られるという違いがあります。

自由度が高いこと、そしてお布施などを必要としないこと、また不祝儀についても強制しないという考え方から、これを選ぶ人もいます。

もう1つの意味は、「創価学会の葬儀」です。

葬儀の現場においては、こちら側の意味で使われることが多いといえます。

一般的に、「友人葬」とした場合はこちらの葬儀を指します。
この場合、「無宗教的な葬儀」の意味は持ちません。

ただ、創価学会の死生観として、「僧侶は必要ない。戒名も必要ない。これは仏教の元々の考え方に反するからだ」というものがあります。

「僧侶を呼ばないため、お布施が必要ない」「不祝儀についても強制しない」という点では1つめに挙げた意味での「友人葬」と同じですが、こちらの場合は友人の代表として儀典長(ぎてんちょう。導師としての役割も果たすため、儀典長=導師の意味で使われることも多い)が葬儀を取り仕切ります。

また、題目の三唱(さんしょう)などが入るため、無宗教の葬儀とはなりません。

一般的には後者の考え方で「友人葬」という言葉が使われています。

ただ、実利的な意味から、「自分は宗教などを信じていない。無宗教の葬儀を行いたい」ということで、創価学会員でもないが、形態としては友人葬の形式をとる」とする人もいます。

一般的な葬儀との違いは?

友人葬と一般的な葬儀では、やり方や考え方に大きな違いがあります。

1.僧侶を呼ばない・戒名を必要としない

創価学会は、宗教・宗派の系統としては、「仏教系の新興宗教」ということになります。

日蓮系の考え方に沿っているものなのですが、在来仏教として存在する日蓮宗とは考え方の面で違いがあります。

たとえば、在来仏教としての日蓮系の葬儀の場合は僧侶を呼んで葬儀を行いますし、戒名の授受も行われます。

また、生前に戒名を授かることも推奨しています。

しかし創価学会の考え方においては、「僧侶を呼ぶようになったのは江戸時代以降のことである。戒名も本来の仏教の考え方にはない」と否定的な見方をしています。

友人葬においては、葬儀のときに「導師」と呼ばれる代表者(長く学会員をしている人が選ばれることが多い)が出ますが、導師に対するお布施なども必要としません。

2.不祝儀は必要としないのが原則

友人葬の場合、不祝儀も基本的には受け取りません。
特に、儀礼としての不祝儀は断ることが多いかと思われます。

ただし、「不祝儀は弔意を示すためのものであるから、固辞することはしない」としているケースもあります。

このあたりは人それぞれ・家族それぞれ・葬儀それぞれによって違いが見られます。

「どっちにすればよいかわからない」という場合は、とりあえず持っていくようにするとよいでしょう。

受付などで断られたのならば、お渡しするのをやめればよいのです。

3.葬儀のときに参列者が題目を唱える

初めて友人葬に参加した人が驚くことになるのは、「葬儀のときに大勢の人の声が聞こえる」ということでしょう。

通常の仏教の葬儀の場合、読経を行うのは基本的には僧侶だけです。

僧侶が読経をした後(葬儀会社の方針によっては、読経中)に焼香を行うことになるのですが、友人葬の場合は焼香が終わった後に導師と一緒に参加者全員で題目を唱えます。

これは特に「題目三唱(だいもくさんしょう)」と呼ばれているものです。

この「題目三唱」は、ほかの仏教系の葬儀のときにはあまり見られないものです(ただし、在来仏教としての日蓮宗の場合も、「題目を繰り返し唱える」という考え方はあります)。

そのため、初めて参加する場合には戸惑うかもしれません。

ただ、題目自体はごく簡単なものですから、初めての人でも「どのようにして声を上げたらよいかわからない」となることはないかと思われます。

4.祭壇が樒で飾られるのが基本

友人葬においては、祭壇は樒(しきみ。シキミ属に分類されるものであり、緑色の葉を持つ常緑植物のうちの一つ。なお、「榊・さかき」としばしば混同されるが、こちらはサカキ属に属するものである。また、榊は神式の葬儀に使われる)がよく使われます。

遺影の周りには樒が置かれますし、またこの樒のみによって祭壇を作る方法がとられる場合もあります。

対して、ほかの仏式の葬儀の場合、祭壇は白木の祭壇で作られることが多いといえます。

白木の祭壇は、輿(こし)や家のようなかたちをしているものであり、文字通り美しい白~茶色の木で作られています。

そして、その周りに花などを配して作ります。
このように、友人葬と一般的な葬儀では祭壇の作り方も異なります。

もっともこれは、あくまで「基本」の話です。

現在は一般的な仏式の葬儀(やほかの宗教の葬儀)においても、「白木の祭壇は使わない」という選択肢もよくとられています。

この場合、白木の祭壇の段部分だけを利用して、そこにたくさんのお花を配して「花祭壇」というかたちをつくることが多いと思われます。

「花祭壇」と呼ばれるものであり、「華やかな祭壇がうれしい」「きれいな祭壇で送りたい」と考える人によく選ばれえています。

このような「花で故人を送る」という考え方は、友人葬においても見られます。

創価学会の公式ホームページでも、「御本尊の周りに置くのは樒だが、それ以外のところには花を飾っても構わない」としています。

また、実際の友人葬においても、花をよく使っている葬儀はよく見られます。

重厚で荘厳な印象を与える総樒の祭壇や白木の祭壇も非常にすばらしいものです。

しかし、花をたくさん使って華やかに送りだす花を基調とした祭壇もよいものです。

この「祭壇の違い」に関しては、「基本的には考え方が異なるが、現在ではそれぞれのニーズ・希望に合わせるために柔軟に考えられるようになっている」と思うべきでしょう。

友人葬にする理由とは?

友人葬にする理由は、人それぞれで異なります。
ただ、特に多い理由について紹介していきます。

前述したように、「友人葬」という言葉には2通りの意味があります。

「僧侶を呼びたくないから、友人葬という選択肢をとる。親しい人だけで送ってほしい」とする解釈をとる場合は、「宗教者に対して忌避感がある」「お布施などでお金をかけたくない」などの理由が多いことでしょう。

ただ、上記のような理由の場合は「直葬(火葬式)」「無宗教の葬儀であり、オリジナリティのある葬儀」もまた選択肢に挙がってきます。

そのためこのような理由で友人葬を選ぶ人がいないわけではありませんが、多くの場合は信仰上の理由があって友人葬を選択することになります。

創価学会を信じ、その考え方に共感する人が友人葬というかたちで見送られたいと希望するのです。

「自分の信じた宗教で見送られたい(あるいは宗教を信じていないので無宗教で送られたい)」「自分が大切にし、自分を大切にしてくれた人によって見送られたい」と考えるのは、友人葬に限らず、ごく当たり前のことです。

友人葬もまた、そのような考え方にのっとった葬儀形態のうちの一つだといえるでしょう。

友人葬の方法と手順を解説

友人葬の方法と手順を解説

「自分も創価学会の一員である」場合は戸惑いも少ないかと思われますが、「父が総学会員だった。自分は違うが父の生前の意向を踏まえて、葬儀は友人葬で送りたい。しかしどこにどう連絡をしたら良いかわからない!」というケースのときは戸惑いも大きいでしょう。

ここからは、友人葬の方法と手順について解説していきます。

※葬儀会社を介さないで葬儀を行うことも理論上は可能ですが、現実的ではありません。
専門的な知識が極めて高い人であっても、ご遺体をお連れすることなどは非常に難しいからです。
このため、ここでは「葬儀会社を介して行うこと」を想定しています。

1.葬儀会社に連絡

まず葬儀会社に連絡します。
現在はどこの葬儀会社も友人葬に対応しているため、どこの会社であっても対応自体は可能です。

ただし、友人葬に限ったことではありませんが、事前に「ここの葬儀会社にする」と決めておいた方がより良いといえるでしょう。

生前に決めておくことで、動揺しているときに慌てて葬儀会社を探す手間を省くことができます。

生前に決めておくことでそれぞれの葬儀会社の強みを比較検討することができますし、葬儀会社によっては生前に会員になることで葬儀費用が割引になるプランを提供しているところもあります。

2.自宅に安置

病院にずっと故人を置いておくことはできません。葬儀や家の状況によって異なりますが、故人を自宅もしくは葬儀会場にお連れする必要があります。
基本的には自宅に一度お連れすることが多いでしょう。車の手配や移動は、すべて葬儀会社が行います。ご家族が特に何かをやらなければならないということはありません。

お連れしたら、枕飾りなどを整えます。

枕飾りとは、「人が亡くなってから作られるいくつかの祭壇のうち、もっとも早く、またもっとも簡素なかたちをとる祭壇」をいいます。
通夜が始まる前などは、この枕飾りを祭壇とします。
枕飾りも葬儀会社のスタッフがすべて整えてくれますから安心です。

3.葬儀スケジュールの決定

葬儀のスケジュールを決めていきます。

葬儀スケジュールはご遺族やご家族のスケジュールに合わせて決められますが、葬儀会場や火葬場の空き状況などとも照らし合わせて決められます。

「いつ行うか」に正解はなく、また地方か都心部かでも違いが見られますが、「亡くなった翌日に通夜を行い、その翌日に告別式を行う」というケースが比較的多いかもしれません。

なお、正月は火葬場が休みであるケースが大半です。年末年始に亡くなった場合は調整が必要です。ちなみに葬儀会社は、365日24時間いつでも対応可能です。

「お正月に亡くなったから、どうせ火葬場を使えないだろう。葬儀会社に連絡しても無意味ではないか」と思う人もいるかもしれませんが、葬儀会社には必ず連絡してください。

火葬まで日数がかかってもご遺体が傷まないように、ドライアイスなどを使って処理してくれます。

4.儀典部への連絡

一般的な仏教のお式の場合、1~3の段階とほぼ並行するようなかたちで(手分けをするのもよいでしょう)菩提寺に連絡をします。

葬儀スケジュールの決定も、菩提寺の住職の空き状況を見て行われます。

しかし友人葬の場合は、僧侶を呼ぶことはしません。
その代わりとして、「儀典部」の有志が導師の役割を務めます。
同じ地域の学会員に連絡して、儀典部に依頼します。
また、故人の希望で「この人に導師を務めてほしい」とした書付などがあるのであればその人に連絡します。

「親は創価学会の会員だったが、自分は違う。どこに連絡すればよいかわからない」ということならば、とりあえずは自分の地区の創価学会の会館や葬儀会社のスタッフに相談してみるとよいでしょう。

なお、友人葬においては儀典部の人間が導師を務めるのが基本です。

ただ、「友人葬であり、家族葬である」などのようなケースでは、親族が導師を務めても構わないとされています。

3の段階でスケジュール組は行いますが、通夜・告別式の内容を本格的に決めていくのはこのあたりです。

何人くらいの人が来るのか、何を準備しなければならないのか、どのような規模で行うのかなどをこの段階で決めます。

5.納棺~祭壇を作る

故人を棺にお入れします。
友人葬の場合、「旅支は必要がない」と考える向きもありますが、宗教観は人それぞれです。

在来仏教などでも、「死に装束を着せて送る」という葬儀もあれば、「本人の愛した服で送る」「ドレスを着せてあげたい」などのご家族のこだわりによって、「最後に着る服」は変わってきます。
このあたりも、葬儀会社のスタッフや儀典部に聞いて行うとよいでしょう。

なお、納棺はかたちだけご家族が手伝うこともあります。しかし専門的な技術を要するものであるため、基本的には葬儀会社のスタッフが行います。

通夜が始まる前までに、通夜の会場では祭壇が作られています。

祭壇作りも葬儀会社のスタッフがやるので、ご家族は特に何かを手伝う必要はありません。

ただ、上でも述べたように、友人葬の祭壇は一般的な在来仏教とは少し違ったものとなります。

そのため、「このような祭壇にしてほしい」「このお花を入れてほしい」などの希望があるのならば、事前にそれをきちんと伝えておかなければなりません。

現在は、「できるだけご家族の気持ちに寄り添おう」「ご家族や故人のお人柄を反映させられる祭壇にしよう」「予算に合わせてつくろう」と考える葬儀会社も非常に増えています。

そのため、実現可能かどうかはまた別ですが、とりあえず希望だけはちゃんと伝えるようにしてください。

なお「非常に特殊な祭壇」などを希望する場合は、「この祭壇を作れる会社かどうか」で葬儀会社を選んでも構いません。

6.葬儀

友人葬の場合、通夜でも告別式でも流れはほとんど一緒です。

まず司会から葬儀開始の挨拶が行われ、読経と唱題が行われます。

これは導師が中心となって行います。

創価学会もまた仏教の流れをくむものですから、「焼香」を間に挟みます。

焼香の順番は一般的な葬儀と同じで、まずは導師が行い、次に副導師、そして家族→親族と続き、最後に一般弔問客が行うことになります。

この後、友人葬の特徴である「御祈念文と題目三唱」が行われます。

導師が御祈念をし、そしてその後みんなで題目を唱えます。

この「題目三唱」は、友人葬のなかでもっとも重要視されているものなので、参列者の立場であっても、きちんと唱えましょう。

この後、通夜では導師が挨拶をします。

告別式の場合は、この「導師挨拶」に先駆けて、弔電などの披露が行われます。

この後、家族・親族代表による挨拶が行われ、もう一度参加者全員で題目を唱えます。

視界からの挨拶があって儀式は終わりますが、告別式の場合はその後、お棺を囲んでお別れをします。

7.出棺

出棺です。
親族が棺をかついで霊柩車に運ぶ場合もありますが、体力面などで不安があるようならば葬儀会社に相談しましょう。

葬儀会社は棺を運ぶためのストレッチャーを用意していることが多いといえます。

火葬場には、ご親族やご家族のみでいきます。

極めて親しかった友人であり、ご家族に声を掛けられたのならば参加しても構いません。

なお、この前に再度簡単な挨拶を喪主が行う場合もあります。

8.火葬

炉の前でお別れをし、荼毘に伏します。

待合室で軽く飲食をし、最後に収骨を行います。

多くの場合、収骨が終わった後には、一度葬儀会場に戻ることになります。

9.初七日法要~精進落とし

初七日法要を行います。

初七日法要は本来、亡くなってから7日経ったタイミングで行うものでしたが、現在は繰り上げて火葬当日に行うことが増えています。

精進落としについては、専門家の間でも見解が分かれています。

「一般的な仏式の葬儀と同じように精進落としをするべき」と考える人もいれば、「友人葬においては、返礼品などを用いない。精進落としもまた『返礼』にあたるため、原則としてやらない」と考える人もいます。

この2つの間に明確な「正解」を求めることは難しいでしょう。

ご家族の意見が最大限反映されるべきですが、「どう判断すればよいかわからない」ということであれば儀典部などに相談することをおすすめします。

友人葬のやり方とマナー

友人葬のやり方とマナー

友人葬に参加する場合のマナーについても考えていきましょう。

友人葬に限ったことではありませんが、葬儀に参加する場合は「自分の信仰する宗教・宗派ではなく、故人(喪家)側の信仰する宗教・宗派の葬送儀礼のマナーに従うこと」が原則です。

そのため自分自身が在来仏教の信者(あるいはそれ以外の宗教・宗派の信者)である場合でも、友人葬に出るのであれば、友人葬のマナーを守る必要があります。

服装について

まず格好についてですが、これは一般的な葬儀の場合と変わりません。

通夜の場合はダークスーツでまとめます。男性は黒いネクタイと黒い靴下を履きます。

ネクタイは、地味なものならば柄が入っていても構いません。

女性は、黒か肌色のストッキングを合わせます。

靴と鞄は、両性とも、金具の入っていないものを選びます。

ただし、ローファーやピンヒール、ミュールやサンダルは避けます。

告別式に参加する場合は、ブラックスーツとします。

男性は白いシャツに黒いネクタイを合わせます。
女性の場合はワンピースやアンサンブルがよいでしょう。

パンツスーツでも可と考える人もいますが、特段の事情がなければ避けた方が無難ではあります。

ストッキングや靴下は黒とし、靴と鞄は通夜に準じます。

アクセサリー類は原則として着けません。ただし、真珠のアクセサリーならば着けても構わないとされています。

「涙の粒」を表す白真珠も、喪の色である黒真珠も、どちらでも着けていくことができます。

ただし、ネックレスは二重になっているものは避けます。「悲しみが重なる」という意味があるからです。

また、結婚指輪も着けていってもよいとされています。

数珠について

仏式の葬儀のときによく用いられる「数珠」ですが、「自分も学会員であり、数珠を持っている」ということならばそれを使います。

それ以外の仏教の信者の場合でも、手持ちの数珠で構いません。

仏教系の宗派は数多くあり、厳密にいえば数珠もそれぞれの宗派によって異なりますが、そこまで問われることはありません。

また、「自分はキリスト教の信者なので数珠を持っていない」ということであれば、わざわざ買い求める必要もありません。

不祝儀について

不祝儀に関しては、上でも述べたように原則として必要ありません。

ただ、「自分は創価学会の会員ではないので、一応持っていきたい」「喪家側がどういうスタンスをとっているかわからないし、弔意を示す意味で持っていきたい」と考える人もいるでしょう。

このような場合は、「とりあえず持っていく。受け取ってもらえるようならば受け取ってもらい、断られれば片付ける」というスタンスをとればよいでしょう。

ただし、訃報の段階で「不祝儀辞退」のご意向が喪家(喪主)側から示されているのであれば、それに従います。

持っていく場合の表書きは「御香料」とします。結び切りの黒白あるいは双銀の水引をつけた不祝儀袋を用意します。

なお、「多分友人葬のかたちだと思うが、どんな宗教・宗派かよく把握していない」という場合は「御霊前」としてください。

「御霊前」はどんな宗教・どんな宗派でも使える言い回しです。

厳密にいえば浄土真宗でのみ「御霊前」は避けるべき書き方とされていますが、一般の葬儀において、そこまで問われることはありません。

不祝儀袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持っていきます。

弔事に使われるふくさの色は、緑や紺色、灰色などです。

赤色やオレンジ色、桃色などの慶事用の色は避けます。

ただし、紫色は弔事でも慶事でも使えますから、新しく購入するのならば紫色にするのがよいでしょう。

焼香について

焼香は、大きく分けて「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」に分けられます。

立礼焼香とは立って行う焼香、座礼焼香とは座って行う焼香、回し焼香とは香炉を乗せた台を回して順番に行っていく焼香をいいます。

葬儀会場での友人葬の場合、恐らく立礼焼香のかたちをとることが一番多いと思われるので、このときのやり方について解説していきます。

  • 1.祭壇の前まで進む
  • 2.ご遺族と祭壇に向かって一礼する
  • 3.親指と人差し指と中指で抹香をつまむ
  • 4.額の位置で押しいただく
  • 5.炉に入れる
  • 6.3~5を3回繰り返す

焼香は、「焼香の回数」「押しいただくか押しいただかないか」が宗派によって異なります(ただし、厳密には定めていない宗派もあります)。

創価学会の友人葬においては、焼香の回数は3回とされています。

ただ、「焼香の回数」「押しいただくか押しいただかないか」までをすべて把握して臨める人はなかなかいないでしょう。

その場合でも問題はありません。焼香は導師→副導師(いる場合)→ご遺族→ご親族→一般弔問客……の順番で行っていくため、前の人(導師やご遺族、ご親族)のやり方をそのまま真似すればよいからです。

言葉遣いについて

基本的な言葉遣いのマナーは、ほかの葬儀に準じます。

「重ね重ね」「再三」「またまた」などのように「繰り返し」を印象付けるような単語は避け、「四」や「九」のように「死ぬ」「苦しむ」に繋がる数字を用いないように注意します。

また、生死そのものを表現する言葉(「死んだとき」「生きているとき」など)を使わないようにします。

葬儀のときに使うべき言葉は、「故人や喪主がどのような宗教を信じているか」によっても変わってきます。

仏教用語である「往生」「供養」は、キリスト教の葬儀や神式の葬儀のときには避けるべきものです。

創価学会の場合は仏教の流れを汲んでいますから、「往生」「供養」は問題ありません。

「ご冥福をお祈りします」という言い回しに関しては、「問題がない」とする専門家と「相応しくない」とする専門家がいます。

「冥福を祈る」考え方は創価学会にもありますが、「『冥福を祈る』という言い回しは、『死後の旅立ちが安らかであるように』という意味を持つ。創価学会の死生観からするとそぐわないのではないか」と考える向きもあるのです。

この2つの考え方のどちらが正しいかは、断言ができません。

ただ、不安ならば、「冥福を祈る」という表現を避けるのは一つの手でしょう。

「○○様の安らかな眠りをお祈りしております」などのような表現をすれば、あえて「冥福」という単語を使う必要もありません。

友人葬についての質問まとめ

友人葬についての質問まとめ

友人葬のときによくされる質問についての回答を、Q&A方式でまとめていきます。

友人葬ではお経は読まない?

いいえ、お経も読まれます。

「方便品(ほうべんほん)」「寿量品の自我偈(じゅりょうぼんのじがけ)」を唱え、「南無妙法蓮華経」の題目を口にすることになります。

このお経は、仏教の教えにのっとっているものです。

悟りを開くために必要な努力や、仏が永続的に存在していくことが盛り込まれた内容のお経であり、創価学会では特にここのお経や題目を重要視します。

友人葬に香典は必要?

上でも述べたように、基本的には必要はありません

ただ「絶対に受け取ってはいけない」というものでもないため、個々の葬儀で違いがみられます。

このため、「とりあえず持っていって、状況に応じて判断する」という方法をとってもよいでしょう(ただし、事前に「不祝儀辞退」としている場合はお渡ししません)。

友人葬で戒名は付けないの?

創価学会の考え方では、戒名は必要としません

創価学会では、「戒名の考え方は、仏教の教えとは異なる」としています。

ここからは少し余談的な話にはなります。

友人葬においては、このような考え方の元「戒名料は必要としない」という言い回しで解説される場合もありますが、「戒名料」という言い方は避けた方が無難でしょう。

ほかの仏教では、「お布施によって戒名が異なる」とも言われていますし、寺院によっては「戒名料」という言い方を使うことに抵抗感を抱かないところもありますが、戒名とは本来は「お金で買うもの」ではありません。

そのため、「お布施」などの言い回しを使った方が的確かと思われます。

友人葬にかかる時間は?

葬儀にかかる時間は、「宗教・宗派」よりも「規模」によって左右されます。

友人葬の場合も同じことがいえます。

大規模な葬儀になればそれだけ時間もかかりますし、小規模な葬儀の場合はかかる時間も少なくなります。

このため、一概に、「友人葬だから○○時間かかる」ということはできません。

ただ一般的な葬儀の規模であると想定すれば、1時間~2時間程度が多いと思われます。

人数が少なければもっと短くなりますし、人数が多ければもっと長くなります。

葬儀会社のスタッフは、「参列する人数」「葬儀の規模」でだいたいの所要時間を割り出すことができるので、目安が知りたいのであれば聞いてみるのもよいでしょう。

友人葬にお金はいくらかかる?

「葬儀にかかる費用」は「葬儀にかかる時間」同様、「どれくらいの規模で行うか」によって大きく変動します。

このため、「時間」と同様に、「友人葬だから○○円かかる」とは言い切ることはできません。

ただ、一般的には50万円~200万円程度で行われることが多いかと思われます。

参列する人間の数によって、借りなければならないホールの大きさや人件費も変わってきます。

事前の見積もりは必須です。

なお、友人葬の場合はほかの葬儀とは異なり、「宗教者への支払いが必要ない」という特徴があります。

一般に、宗教者へのお布施は葬儀全体の25パーセント程度が目安だとされています。

そのため、10万円~50万円程度とかなり大きい負担になります。

友人葬では、この「お布施」は必要ありません。

また、返礼品も原則として必要ありません。

もっとも、「だから友人葬はほかの葬儀に比べて安くなる」ともいえません。

友人葬では不祝儀は受け取らないことが多いため、不祝儀でいただいた金銭を葬儀費用にあてることができないからです。

「予算が○○円までしかとれない」という場合は、打ち合わせの段階でそれを葬儀会社に告げてください。

葬儀会社の方で、予算に応じたプランを提案してくれるはずです。

まとめ

友人葬まとめ

友人葬とは、僧侶などの宗教者を呼ばずに行う葬儀のことをいいます。

現状で「友人葬」とした場合、その多くは創価学会の葬儀を指します。

ただ、「宗教を信仰していなかったので、かたちとしては友人葬で送ってもらう」などのような選択肢をとる人もいます。

友人葬は、主に信仰心によって選ばれるものです。
この葬儀では、

  • 宗教者を呼ばない
  • 戒名を必要としない
  • 不祝儀を受け取らないことが多い
  • 参加者も合わせて題目を唱える

などの特徴があります。
創価学会は在来仏教である日蓮宗の流れを汲む宗教であるため、葬儀全般の進行は仏教系とよく似ています。

友人葬では焼香が行われますし、また仏式の弔事においてよく使われる樒も使いますし、「供養」「成仏」などのような表現で死者を悼みもします。

友人葬に参加する場合の服装は、一般的な葬儀に準じます。

友人葬の場合は友人葬用のお数珠を使うことになりますが、持っていなければ普通の数珠で構いません。

不祝儀は必要とされないケースも多いのですが、「だされた場合は受け取る」としているところもあるため持って行った方が無難でしょう。

その際は、「御霊前」もしくは「御香料」と表書きします。

水引は白黒もしくは双銀の結び切りを選ぶが選びやすいといえます。

袱紗は弔事に相応しいものを選びますが、紫色ならば慶弔どちらにも使えます。

葬送儀礼を行う際は、宗教者の代わりに同じ学会員が導師を務めます。

彼らは特に「儀典長」と呼ばれます。

創価学会の教えを守っている人が亡くなった場合は儀典部に連絡をして導師を案内してもらうのが基本ですが、「生前、故人が『この人に儀典長を務めてほしい』と言っていた」などの事情があるのであれば、その人にお願いしてもよいでしょう。

また、親族が務めることも可能とされています。

「亡くなった親族も喪主を務める自分も、2人とも創価学会員である」という場合は戸惑いが少ないと思われますが、「故人は学会員だったが、自分は学会員ではない。ただ、故人の信仰した宗教で送りたい」という場合はわからないことも多いかと思います。

この場合は、儀典長や葬儀会社のスタッフによく相談するとよいでしょう。

儀典長は長く学会員を務めた知識のある人が務めるのが一般的ですし、葬儀会社のスタッフも友人葬を担当した経験のある人が多いので頼りになります(また、たとえスタッフ自身に経験がなくても、経験のある上役に指示を仰いでくれます)。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。