斎場とは?葬儀場や火葬場と何が違う?選び方や費用の相場など解説!

斎場とは?葬儀場や火葬場と何が違う?選び方や費用の相場など解説!

葬儀や葬式を行う斎場について、選び方や費用の相場はご存知でしょうか?

最近は斎場の数も増えてきているので、家の近所の斎場と言っても何ヶ所かあって「どこを選べば良いか分からない」という方は多いと思います。

本記事では斎場についてや斎場を選ぶために必要な知識、おすすめの探し方などを全て解説します。

是非参考にして下さい。

斎場とは?意味や読み方、種類を解説

斎場とは?意味や読み方、種類を解説

斎場(さいじょう)とは、葬式・葬儀を執り行うことが出来る施設の事を指します。

斎場には種類があり、市町村や組合が運営する公営斎場と、葬儀社や民間企業が運営する民営斎場の2つがあります。

公営と民営では利便性や料金面に違いが出ますが、本記事では割愛させていただきます。

興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

斎場と祭場、葬儀場や葬祭場との違いとは?

斎場や葬儀式場、葬儀場・葬祭場などは呼び方が違うだけで意味は全て同じです。

同じ読みで字が異なる祭場がありますが、斎場・祭場ともに祭祀を行う清浄な場所の事を指しています。

「祭=にぎやか」と考えて結婚式で使える場所と考える方がいますが、正確な意味ではありません。

斎場と火葬場・焼き場の違いとは?

近年、同敷地内に火葬場を併設する斎場が増えており、◯◯斎場という名前の火葬場も増えてきたことにより、斎場と火葬場が混同されるようになりました。

ですが本来、斎場はお通夜や告別式などの「葬式・葬儀を執り行うことが出来る施設」を指し、火葬場は「ご遺体を火葬することが出来る施設」の事を指します。

そのため斎場から火葬場までご遺体を運ぶということが減ってきたため、昔ほど霊柩車も見なくなりました。

斎場の利用料金はいくら?費用の相場を解説

斎場の利用料金はいくら?費用の相場を解説

斎場の費用は、

  • 式場の利用料金
  • 遺族・会葬者控室の利用料金
  • 霊安室の利用料金

上記の合計で決まります。

そして斎場の費用は斎場が民営公営かでも大きく変わります。

以下から民営・公営それぞれの斎場数社の費用を比較した相場の金額を紹介します。

実際葬儀を行うと、上記の他に僧侶の方に渡すお布施や会葬者の方に振る舞う料理の代金、病院からご遺体を移すための運搬費などの諸費用が発生します。
ですが斎場ごとにシステムが異なり、状況によってはそもそも発生しない可能性もある費用なので、本記事では上記の純粋な斎場費用のみ解説します。

公営斎場(市区町村・組合運営)の費用相場

公営斎場数社の費用は以下表の通りです。

使用料 A社 B社 C社 D社 平均費用
式場 56,000円 50,000
~140,000円
25,000
~70,000円
60,000円 47,750
81,500円
控室
待合室
44,000円 10,000円 3,000円 上記に含む 14,250円
霊安室 3,000円 3,000円 2,000円 3,000円 2,750円
合計 103,000円 63,000
~153,000円
30,000
~75,000円
63,000円 64,750
98,500円

※表示料金は税別です。

表から平均10万円程の費用で葬儀が行えることが分かります。

公営斎場は市区町村・組合が運営しており、利用者(故人様、もしくは契約者)が住民の場合は民営斎場よりも費用が安く済みます

上記表はその料金であり、住民でない場合は上記より20万円ほど費用が高額になります。

住民が安く利用できるというのが公営斎場の一番のメリットなので、うっかりそのメリットを無くしてしまうことのないよう登録地域には注意しましょう。

なお、実際に葬儀を行うとしたら火葬式料金と火葬待合室の火葬費用も加算されます。

火葬費用は住民で5万円住民以外で10万円と覚えておきましょう。

民営斎場(葬儀社・民間企業運営)の費用相場

民営斎場数社の費用は以下表の通りです。

A社 B社 C社 D社 平均費用
394,500円 569,000円 398,000円 498,000円 464,875円

※表示料金は税別です。

民営斎場は葬儀社や民間企業が運営しているため、自社の所有もしくは提携している火葬場の利用料金までを含めたプランを組んでいます。

とはいえ、火葬料金も合算だから高額になっているというわけでもなく、リサーチした内の何社かはいずれも20万円以上が純粋な斎場使用料として確認することが出来ました。

ですが高額な分、民営斎場は公営斎場に比べて設備や立地条件が充実していますし、料金プランが組まれているということは追加の費用発生のリスクが少ないということです。

通夜の際の宿泊設備や参列者のアクセスなど、利便性・機能性が気になる方に民営斎場は最適です。

斎場の決め方や選び方を解説!ココに注意!

斎場の決め方や選び方を解説!ココに注意!

斎場を決める際は、

  • 場所や立地、アクセスの良さ
  • 葬儀費用の予算
  • 日程の段取り
  • 葬儀の規模や形式

上記の4点に注意しましょう。

以下からそれぞれ解説します。

場所や立地、アクセスの良さ

家から近い斎場にすると思いますが、ポイントはどなたの家からの距離を優先するかです。

葬儀を執り行う喪主の家から近い斎場にするか?
参列者の方々が集まりやすいよう、参列者の家から近い斎場にするか?
または故人様の家から近い、縁ある土地の斎場にするか?

また上記のいずれを優先したとしても、そこは駅から近いか?駐車場は完備されているか?等、立地やアクセスは斎場を決めるうえでとても重要です。

葬儀費用の予算

当たり前ですが、斎場は予算をオーバーしない所を選びましょう。

ここまででも説明しましたが、斎場にかかる費用は式場利用料以外に待合室・控室や安置室の利用料も加算されます。

式場利用料だけパッと見て、後々そういった料金が加算されて予算を超える…なんてことが無いように注意しましょう。

費用の項目で説明したように、初めから葬儀社(民営斎場)に依頼することで、定められたプラン料金で葬儀を行うことが出来るので、心配な方はそちらも検討しましょう。

日程の段取り

立地などの他のすべての条件が良くても、葬儀を執り行いたい日に希望する斎場の予約が埋まっている可能性があります。

親族の集まりや、菩提寺や僧侶の方など外部との調整にも関係します。

葬儀を執り行いたい日に斎場が予約できるかは、まず第一に確認しましょう。

葬儀の規模や形式

最近は葬儀の方式も多種多様になってきました。

ですが、葬儀の種類や宗派・宗教によっては対応していない斎場もあります。

故人やご家族の方が望む葬儀の形がある場合、執り行うことが出来るかを事前に確認しましょう。

おすすめの斎場の探し方

おすすめの斎場の探し方

個人で斎場の段取りを進めると、費用の部分で解説したように斎場や火葬場では控室使用料など分かりづらい部分で費用が発生するので、安心して決めることが難しいです。

近年、斎場も増えてきており、どの地域でも近所に数か所の斎場があるということが多いので、そもそも候補を絞れないといった方もいるでしょう。

なので斎場を探す際は、最初から葬儀の斡旋業者を通して探す方が簡単で確実です。

葬儀社に払う費用の分高額にはなりますが、要望を聞いたうえで最適な斎場を選んでもらえて、各方面に連絡・段取りを進めてくれるのでご遺族の負担がかなり軽減されます。

プラン料金をパッと確認して、費用の目途を立てやすい点も良いですね。

では、以下から当サイトおすすめの葬儀社・斎場検索サイトを紹介します。

心に残る家族葬

  • 5~75名の小中規模に特化した葬儀社
  • 追加費用0円、全額返金保証制度などコスト面で安心できる
  • 分割やカード払い、コンビニ後払いなど支払い方法が手広い

心に残る家族葬は、仏事や法律関係のサービスを主に行う株式会社メルメクスが運営するサイトです。

業界初の全額返金保証制度付きの直葬は品質が保証されて、低予算で安心して葬儀を行うことができます。

他の葬儀社ではあまり無い自宅葬のプランなど、用意されているプランの種類も幅広いので、多くのプランから適したを選びたいという方は、心に残る家族葬をチェックしてみましょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

家族葬のファミーユ

  • 80,000件の葬儀実績を持つ信頼性の高い葬儀社
  • 全国68の直営ホール、1,000以上の提携斎場
  • 終活についての事前サポートも受付可能

ご家族の意向を汲んだ、ご家族を主役とする「家族葬」を業界で初めてブランド化したのが家族葬のファミーユです。

創業から50年間、「真の家族葬」を追求し続けた高品質なサービスと、心のこもったお見送りのお手伝いに定評があります。

近年では家族葬の需要も多くなってきたため、家族葬に特化したファミーユを一度はチェックしておくと良いでしょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

アーバンフューネス

  • 契約前に全ての費用を1円単位まで提示する明瞭価格の葬儀社
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県の業務に強い
  • 予算に合わせて、プランの項目を追加・削除することも可能

アーバンフューネスは、葬儀社である株式会社アーバンフューネスコーポレーションが運営する葬儀ポータルサイトです。

東京・神奈川・埼玉・千葉の中だけでも1220の斎場と111の拠点を保有・提携しているので、1都3県での葬儀にはとても安定感があります。

1都3県にお住まいの方は、アーバンフューネスを一度確認してみましょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

小さなお葬式

  • 数々のメディア掲載実績がある有名葬儀社
  • 14万円という破格のプラン料金設定
  • 葬儀の流れなど、事前に動画で確認できる

小さなお葬式は、インターネットによる葬儀ビジネスの運営を数多く行う株式会社ユニクエストが運営する葬儀ポータルサイトです。

お葬式の「不透明」を「透明」に。を企業理念としており、ユーザーが葬儀を行うことに対して不安を与えないことを第一にしている優良な葬儀社です。

4,000を超える提携葬儀式場から条件に合った葬儀場を探すことができます。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

いい葬儀

  • ライフエンディング関連サービスで有名な「鎌倉新書」が運営
  • 地域ごとの相場と共に予算と希望に沿ったプランを紹介
  • 様々なケースごとの対応の順序が紹介されており落ち着いて動ける

いい葬儀は、終活関連サービスで有名な鎌倉新書が運営する葬儀ポータルサイトです。

900を超える葬儀社、5,000を超える登録された斎場の中から、予算やエリアの希望に最大限沿った場所とプランを調べて、見積請求も簡単にすることが出来ます。

口コミも18,000件以上記載されているので、人の意見も加味して安心の葬儀社・斎場を選ぶことが出来ます。

またサイトでは、今すぐ葬儀がしたい場合や病院からの移動が必要な場合など、状況別に必要な手続きの順番や搬送費用を確認することが出来るので、どんな方でも落ち着いて準備をすることが出来ます。

葬儀の段取りや斎場選びなどの悩みを減らしたいという方は、是非いい葬儀を利用しましょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

よりそうのお葬式

  • NHKで話題になった全国対応の定額葬儀
  • 満足できなかった場合の返金など品質保証を約束
  • 葬儀後の法事やお墓・散骨など供養についても解決

NHKの葬儀についての特集で紹介された実績のあるよりそうのお葬式(旧:シンプルなお葬式)は、全国約3,000の斎場で定額の葬儀プランを利用して葬儀を行うことが出来ます。

依頼件数は年間30,000件を超えており、利用者の評判も高い優秀な葬儀ポータルサイトです。

満足できなかった場合の全額返金保証など葬儀の品質をとにかく重視しており、どなたでも利用を検討しやすいのも特徴の一つです。

また、運営元の株式会社よりそうが同じく運営する海洋散骨サービスUmieや、仏壇・仏具のベスト仏壇と連携を取ることで、葬儀以外で必要な部分もワンストップで解決することが出来ます。

葬儀後のことまで全てリードしてほしいという方は、よりそうのお葬式の利用を検討しましょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

葬儀レビ

  • よりそう運営の葬儀社検索に重点を置いたポータルサイト
  • 簡単一括見積で最適な葬儀社を絞り込める
  • キャッシュバック特典有り

株式会社よりそうが運営する葬儀レビは第三者的観点で全国の葬儀社を検索するポータルサイトです。

全国400社の中から、希望に適した葬儀社を最大10社までの無料一括見積りが出来るので、各々に最適な斎場を簡単に絞り込むことが出来ます。

葬儀レビを通した場合、2万円のキャッシュバックも受けることが出来るので、葬儀社を調べるために一度利用してみるのもおすすめします。

ただあくまで葬儀社の検索で、葬儀費用は結果として出てきた葬儀社のプランに準じるため、葬儀レビ自体に定額プランは無いことを覚えておきましょう。

葬儀費用の安さ
登録している葬儀社・斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

東京葬儀

  • 葬儀費用が最大額で提示されているので追加費用が無い
  • 対応が速いという声が多い
  • しっかり打ち合わせした後、最適な規模の家族葬を提案

東京葬儀はあまり有名では無いですし、受付できるのは一日一家族で小規模の葬儀のみというデメリットがあります。

ですが、それを補う対応の速さ料金プランの安心感があります。

サイトがかなり見やすく、費用は一見高額ですが最大額を提示しているので、それ以上高くなることはありません。

むしろ打ち合わせで人数や規模を決めることで、不要な部分を削って規模にピッタリの費用まで下がります。

多くの葬儀社の場合、「何人~何十人までならこのプラン」と大まかな規模によって料金が決まっていますが、東京葬儀だと各々の規模にぴったりなプランと料金を提示してくれるので、かなりのメリットだと言えます。

ご自分の場合がいくらになるのか気になる方は、是非公式サイトからご確認ください。

葬儀費用の安さ
登録している斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

旅おくり

  • 定額葬儀により追加費用の心配が少ない
  • 葬儀前後のマナーなどの相談に乗ってくれる
  • 葬儀の依頼無しで搬送のみでも対応可

旅おくりは定額葬儀で、さらに打ち合わせによって人数1名単位まで調整したプランを提示してくれます。

また、葬儀前後の連絡や香典返しについてのマナーの相談にも乗ってくれるので、アフターサポートも充実しています。

葬儀を旅おくりで依頼せずとも搬送のみでも可能など、対応の広さも評価が出来ますね。

難点があるとしたら、登録されている斎場が4都市全て合わせても25か所しかない点ですが、まだまだ新進気鋭の葬儀社なので、今後拡大していくことに期待です。

葬儀費用の安さ
登録している斎場の多さ
サイトの見やすさ

公式サイトをチェック!

よくある質問まとめ

斎場についてのよくある質問まとめ

本章では斎場について多くの方が気になる点を解説します。

通夜で斎場に泊まる際の宿泊マナーや注意点はある?

斎場に宿泊する理由は、「通夜でお線香を絶やしてはいけない」「最後に故人に付き添いたい」などの風習により、夜間に線香の番や付き添いをするためです。

そして、付き添う人は誰でなくてはいけないという決まりもありません。

ですが現在、防災面での理由で夜間の線香を禁止していたり、付き添いがそもそも出来ない斎場が多くなっているので、故人に付き添って斎場に宿泊する方も減ってきています。

宿泊する場合は、斎場によっては故人との関係性や人数による制限を設けていたり、地域ごとの防災ルールなどが関わってくるので、斎場に前もって確認しておきましょう。

もちろん、服装などは一般の葬儀に適した服装に準じる物を選びます。

年末年始や友引は斎場は休み?休日について

「年末年始や友引は斎場はお休み」というイメージを抱いている方は多いですが、実は絶対にそうだという訳ではありません。

斎場というよりも火葬場に友引休業の所が多いだけで、年末年始以外営業している斎場や、友引のみ休みで年末年始の営業している斎場も多くあります。

そもそも多くの方が持つ「友引に葬儀は縁起が悪い」という意識は、上記で説明した火葬場休業と「友引」という漢字によって作られており、実際に宗教的根拠などはありません。

友引は元々「共引き」といい、勝負事で勝ち負けが付かない日(共に引き分け)という意味があります。

漢字表記が変わり友引になり、「親しかったも一緒にっ張っていってしまう」という字の縁起の悪さから、友引を定休日にする火葬場が増えました。

現在は友引に営業する火葬場も多くなりましたが、一度浸透してしまった「友引に葬儀は縁起が悪い」というイメージは中々覆せないので、余程都合が悪くない限りは友引を避けておくと良いでしょう。

斎場で喪服レンタルが出来る?

斎場探しに気を取られすぎて喪服や礼服の用意を忘れていた、もしくは久々に確認したらシワやホコリで着れる状態じゃなかった…という方は多いです。

そして葬儀にかかる費用が気になってしまい、購入を迷う方もいるでしょう。

そんな方は喪服をレンタルすることがおすすめです。

レンタルする方法には、

  • 葬儀社に申し込む
  • 礼服レンタルサイトを利用する

以上の2種類があります。

葬儀社は礼服レンタルの専門業者と提携している場合が多く、喪服をレンタルしたい事を伝えれば提携先と連携を取り喪服を用意してくれます。

ですがその方法だと間に葬儀社が入っているため、手数料などでレンタル料金が1万円前後になってしまいますし、任せきりになってしまって好みの型を選びづらいなどのデメリットがあります。

礼服レンタルサイトで直接申し込むと、デザインも選べますし料金も6千円程で安く済みます

発送の速さも大差ないので、斎場選びに忙しかった方や葬儀にかかる費用を抑えたい方は、是非一度チェックしてみてください。

レンタルサイトを確認

まとめ

斎場についてまとめ

以上で斎場に関する紹介を終わります。

斎場を探す、選んで契約するというのは沢山あることではないので、葬儀も含めて慣れないことに精神面と体力面共に疲弊すると思います。

本記事が皆さんの助けになると幸いです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。